ブログトップ

Gallery I

galleryi.exblog.jp

前橋義浩展 風景

b0186148_1518616.gif

09.09.18(fri)~09.10.04(sun)開催の前橋義浩展- Tension -

b0186148_15252619.gif

この展示では、油彩15点と、デッサン2点が発表されています。
『記憶の中の赤い緊張』が描かれた作品は、どれも美しい赤で深みがあり、10点の連作は独特の光沢を持ち、飴細工の様な不思議な仕上がりとなっています。

b0186148_1525503.gif

のびやかに色塗られた赤に潜む黄色や緑が、赤を一層引き立て奥深いものにしています。
写真には写らない実物の奥行、赤に囲まれた空間を、是非感じて頂きたいと思います。
[PR]
# by gallery-i | 2009-09-20 15:17 | EXHIBITIONS | Trackback

090916

b0186148_153514.gif

b0186148_1531793.gif

[PR]
# by gallery-i | 2009-09-16 15:02 | Gallery I NOTE | Trackback

前橋 義浩 展  テンション ~ 赤い香り ~

前橋 義浩 展
 テンション ~ 赤い香り ~
9月18日(fri)~ 10月4日(sun)

記憶に残る不安なこころの糸は、張りつめた赤い緊張となって焦燥にかわる。
またいつか見えるのだろうか・・
b0186148_1503437.gif

物を見るとき
すべての情景を
イメージ(存在という小さな関係)に変える。
閑寂な心の中に棲む魔物が
動かざるもの、動こうとするものを
鋭敏な感覚器官を通して、物事を把握しようとする。
直観でないと移り変わるものに対応できないから・・
欲望ともども身体内部を経由して、
知覚に変わるイメージを感覚的にものに移す。
知ることを欲しがる五感は、目にみえないものまで想像させ、
僕の身体を強張らせる。
信じきれるか・・
戸惑いながら・・
視覚的にみることではなく、印象的に直観を通すのは
理性や視覚に頼りすぎると肌の感覚が鈍るから、
理性や欲望とはうらはらに・・
告白的に痛いくらいに皮膚を通してみたものは・・
体に刻みこまれる。
それが、生きていること。
君と僕、・・
伝えきれない存在という小さな関係。


前橋 義浩
  1970年12月16日 徳島県 生まれ
  射手座 O型
  美術文化協会 所属 準会員
  現在、鳴門教育大学大学院 芸術系コース(美術)専攻

  2004 美術文化展  佳作賞
  2005 関西美術文化展 大阪府教育委員会賞
  2006 関西美術文化展 大阪市教育委員会委員長賞
  2007 美術文化展  佳作賞
  国民文化祭 とくしま 佳作
  2008 美術文化展  新人努力賞
[PR]
# by gallery-i | 2009-09-15 14:15 | EXHIBITIONS | Trackback

090911

b0186148_1541984.gif

[PR]
# by gallery-i | 2009-09-11 15:03 | Gallery I NOTE | Trackback

ねこ展風景

b0186148_15294917.gif

[PR]
# by gallery-i | 2009-09-05 15:29 | EXHIBITIONS | Trackback

Viva Cat!展に あつまってきたねこ達

b0186148_1531557.gif

[PR]
# by gallery-i | 2009-09-03 15:30 | EXHIBITIONS | Trackback