ブログトップ

Gallery I

galleryi.exblog.jp

ON PAPER 2013 紙と自 然展

b0186148_1401782.gif

2004年に多摩美術大学とタイ国立シラパコーン大学は、大学協定を締結いたしました。以後、2006年より絵画科教員を中心に両校の美術館で合同展を開催しています。 この度は「ON PAPER」と題し、昨年タイで開催された合同展に引き続き、絵画および彫刻領域において、教員および院生の合同美術展と、「タイの紙と日本の和紙のトルネード」と題してワークショップを行います。 今年、多摩美術大学に紙漉き工房が完成します。これを期に、タイの紙と日本の和紙を溶解させ、もう一度紙として再生させる試みをします。 さて、どのような紙が生まれてくるのか大変興味深いです。タイ画の作家によってその紙がどのように表現されるのか? 又、日本画の作家が日本画の素材でどう表現するのか? 同一の紙での制作の差異を検証することは、大変意義のあることです。両大学の作品展示とワークショップが、両校の繋がりをより深くし、礎となることを期待しています。

ON PAPER 2013 紙と自 然展
 2013年6月5日 Wed → 6月30日 Sun

主催 : 多摩美術大学 タイ国立シラパコーン大学
協賛 :  一般財団法人 世界紙文化遺産支援財団 紙守
協力 :  新日本造形株式会社
       株式会社 文房堂
       阿波紙ファクトリー
       高知手すき和紙協同組合
後援 : タイ王国大使館
      多摩美術大学校友会

*詳細は会場サイトにてご確認下さい。 
多摩美術大学美術館
[PR]
by gallery-i | 2013-06-09 14:10 | 頂いたDM | Trackback
トラックバックURL : http://galleryi.exblog.jp/tb/20571364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 崔石鎬 展 吉野杉・檜と大皿 130608   来猫 >>