ブログトップ

Gallery I

galleryi.exblog.jp

崔 石鎬 (CHOI SUK-HO) 展覧会案内

崔石鎬さんが、相生森林美術館(徳島県)で、展覧会をなさります。
b0186148_12362028.gif

1955 Born in Kyung-gi,Korea 韓国京畿道生まれ、
1999 Graduated from Kyoto City Univ.,Graduated school, Dep. of Sculpture (M.F.A.)京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻終了の崔石鎬さんは、日本を中心に海外でも多くの制作・発表をされている、木の作家さん。
崔石鎬さんの作り出す作品は、温かみがそのまま伝わってくる素朴な木の質感がとても魅力的です。
自然の美しさを損なうことなく、時には大胆に、時には繊細に作られた作品からは、崔石鎬さんの木(自然)に対する愛情と優しい眼差しが伝わって来ます。
元々は絵画を学ばれた彼(絵画作品も、ほんと素敵!)ならではの、しっかりとした視点や、切り口にはため息が出ます。
今回は、1986年以降、発表を重ねてきた木を用いた表現の集大成ということです。
徳島の自然の中開催される今回の展示、作品の息吹を一層感じさせてくれるものと思います。




(以下、展覧会ポスター及び相生森林美術館HPより)

CHOI,SUK-HO(チェ・ソクホ)展 
 -REGENERATION-
 2011年9月10日(土)~10月16日(日)

1955年、韓国に生まれた崔石鎬(チェ・ソクホ)は、韓国・中央大学校芸術大学大学院西洋画科に学び、国立現代美術館(ソウル)及び東京都美術館(東京)で行われた「大韓民国今日の美術」展(1983年)で早くから注目を浴びます。
その後、制作の場を韓国から日本に移し、京都市立芸術大学大学院にて彫刻を学びます。
1995年の大阪トリエンナーレでは、木の持つ素材を活かして制作した作品で銅賞を受賞、近年ではニューヨーク、スペイン、韓国で作品を発表するなど数々の実績を積み上げてきました。
今回の展覧会で制作される木や炭を積み重ねることによって生まれる高さ4メートルに及ぶ一連の作品は、チェ・ソクホが1986年以降、発表を重ねてきた木を用いた表現の集大成となるものです。

 主催:相生森林美術館 / CHOI,SUK-HO展実行委員会
 後援:宍粟市/財団法人しそう森林王国協会
 協賛:株式会社HOT/一級建築士事務所be going/
    吉野銘木製造販売株式会社/岩手県木炭移出協同組合
 協力:COHJU contemporary art
    WAM.Co,.Ltd

相生森林美術館
 徳島県那賀郡那賀町 横石字大板34
 0884-62-1117

 休館日:毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
 開館時間:午前9時30分~午後4時30分
 入館料:一般300円、小中学生200円
     (小中学生は土・日・祝日無料)


関連事業
■アーティスト・トーク
2011年9月10日(土)午後2時~3時
※所定の入館料が必要です

■公開制作 
9月10日(土)・9月11日(日) 午前9時30分~午後4時30分
※制作の進行状況等により、日時が変更になる場合があります
※所定の入館料が必要です
[PR]
by gallery-i | 2011-09-01 12:57 | 頂いたDM | Trackback
トラックバックURL : http://galleryi.exblog.jp/tb/16211175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 110901   インドリボン... 掛け軸 >>